about me

■宮本華子

1987 年 熊本出身
2010 年 女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻 卒業
2012年 女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻洋画研究領域 修了

 

展示歴.賞歴
2005年熊本県美展 努力賞
2007年同展 入選
ルーテル・アート・エキシビション 第一回 参加(熊本・大宝堂ギャラリー)
6人展~ 女子美大生による作品展~(横浜・エリスマン邸)
2009年ルーテル・アート・エキシビション 第二回 参加(熊本・大宝堂ギャラリー)
2010年女子美スタイル☆最前線2010(横浜・Bank ART studio NYK)
5美大展 (六本木・国立新美術館)
YU-BE 2010 exhibition(船堀・タワーホール船堀)
419 + 63 = STAND BOOK (熊本・崇城大学ギャラリー)
face the artwork 大森ゼミ企画展(東京・世田谷美術館)
Coil, vol.2 (銀座・ギャラリー星羅)
2011年ルーテル・アート・エキシビション 第三回 参加(熊本・大宝堂ギャラリー)
2012年女子美スタイル - 再生の光をつむいで- (横浜・Bank ART studio NYK)
5美大展 (六本木・国立新美術館)
さよなら、愛しい。 個展 (熊本・崇城大学ギャラリー)
2013年「遺されたもの」 参加(上海・M50 Joshibi Art Gallery )
ルーテル・アート・エキシビション 第四回 参加(熊本・大宝堂ギャラリー)
よくぼうぼう展 ‐ ものさし失くした ‐ (熊本・崇城大学ギャラリー)
2014年 終わりは、始まり。展 (熊本・崇城大学ギャラリー)
2015年 市民アートパレード 三潴末雄賞
第13回里山美術展 参加
ルーテル・アート・エキシビション 第五回参加(熊本・大宝堂ギャラリー)
アーティスト・インデックスScenne3 (熊本市現代美術館・ギャラリーⅢ)
くまもと「描く力」2015 入選
九州コンテンポラリーアート2015展参加(福岡県立美術館)
第7回香梅アートアワード 奨励賞受賞
2016年 近くて、遠い人。個展 (熊本・崇城大学ギャラリー)
香梅巡回展示(帯山・人吉・菊池・光の森店ギャラリー巡回)

■hanako miyamoto
1987
Born in Kumamoto
2010
Graduated from Joshibi University of Art and Design Department of Fine Arts Oil Painting Major
2012
Completed the Master’s Course in Fine Arts at Joshibi Graduate School of Art and Design  


Record of Exhibitions/ Record of Awards (Awards received)

2005
Kumamoto Prefectural Art Exhibition - Effort Award
2007
Kumamoto Prefectural Art Exhibition - Selected
Participated in the first Luther Art Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
Six People Exhibition -Exhibition of Joshibi students- (The Ehrismann Residence, Yokohama)
2009
Participated in the second Luther Art Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
2010
Joshibi Style ☆ Forefront 2010 (Bank ART studio NYK, Yokohama)
Exhibition of 5 Art Universities (The National Art Centre, Tokyo)
YU-BE 2010 exhibition (Funabori Tower Hall, Funabori)
419 + 63 = STAND BOOK (Sojo University Gallery, Kumamoto)
face the artwork Omori Seminar planned exhibition (Setagaya Art Gallery, Tokyo)
Coli, vol.2 (Gallery Seira, Ginza)
2011
Participated in the third Luther Art Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
2012
Joshibi Style -Spinning the Light of Rebirth- (Bank ART studio NYK, Yokohama)
Exhibition of 5 Art Universities (The National Art Centre, Tokyo)
Goodbye, my dear. Solo exhibition (Sojo University Gallery, Kumamoto)
2013
Participated in ‘Things that Survived’ (M50 Joshibi Art Gallery, Shanghai)
Participated in the fourth Luther Art Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
Yokuboubou -Lost the Ruler- Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
2014
The end; is a beginning. Exhibition (Taihodo Gallery, Kumamoto)
2015

Citizens’ Art Parade - Sueo Mizuma Award
 

---Commentary of miyamoto---

相容れない他者と、それでもなお向き合うために

ホース、アスベスト、犬小屋、刺繍を施されたウェディングドレス。宮本華子が作品に用いているモチーフは、いずれも自身の生活と記憶に深く根ざしたものであり、その背景には、父親との関係を中心にした、家族をめぐる苦悩や葛藤が見える。

例えば、ホースは幼少期から厳しい父に強いられた毎日の労働の象徴であり、アスベストは工場で多くの時間を過ごしてきた父や自分の体内に蓄積されているであろう物質であり、ウェディングドレスを浸食する「オレのため」の文字は姉の結婚にあたり父が発した言葉がもとになっている。

しかし苦い思い出がこびりついたそれらのモチーフは、父の存在がそうであるように、宮本自身のアイデンティティーとも切り離せないものでもあり、憎らしさと同時に実はある種の愛着をも感じているものなのである。宮本の作品の、一目見たときに感じられる見た目の美しさと、そこからさらに注視したときに見えてくる、作品の背後にある物語の生々しさや不穏さの間のギャップには、そのモチーフや過去の記憶に対する作家自身のそのようなアンビバレントな感情が反映されているのかもしれない。

作品制作は宮本にとって一種のコミュニケーションの手段であり、宮本は制作を通して、父という人間、そして彼に対する自らの感情と向き合っている。最も近い肉親でありつつ、自分とは明確に価値観の異なる「他者」でもある父。彼との軋轢を作品化することは、彼を理解しようとする試行の過程であり、ストレートな形ではうまくつき合えない彼と新たな形で関係を結ぶための模索である。

個人的な経験を出発点に、「家族」や「家」、「他者とのつながり」といった普遍的テーマに対峙するその作品は、多くの人々の共感を呼ぶ。素直にわかり合うことの困難さを引き受けながら、ときに繊細で詩的な形で、ときには大胆なユーモアをもって、宮本は新たなコミュニケーションの回路を切り開き続ける。

(佐々木玄太郎・熊本市現代美術館学芸員)

 

Finding ways to face and rethink the incompatible other
A hose, asbestos, a doghouse, and an embroidered wedding dress. The motifs used in Hanako Miyamoto's works are tied deeply to her own memories, and they suggest the pains and conflict her family experienced through her father. For example, the hose is a symbol of the daily work Miyamoto was forced to do from childhood by her father, while the asbestos suggests a substance deposited over the years in her father's body during his long hours of work at a factory, as well as within the artist's own body. The text reading "This is for me," seemingly eroding the wedding dress, is based on words spoken by her father on the occasion of her sister's wedding. Although these works are rife with motifs of pain, her father's presence is, in a similar way, inseparable from Miyamoto's own identity. While he is an odious presence, there is at the same time intermingled a sort of filial love. There is a gap between the beauty we see at first glance in Miyamoto's works and the raw feelings and turbulence that lurk beneath them once we get a closer look. These motifs, as well as the artist's own seeming ambivalence about these experiences, seem to present here.

Creating these works is a form of communication for Miyamoto. Through this process, she faces her father and her own emotions on the matter. Her father, in spite of being, by birth, one of her closest family members, is at the same time the "other," someone estranged from her by his clearly different values. Putting their discord into art is an attempt to explore her father as a person and also an attempt to forge a relationship with him in a manner other than directly, as a head-on approach has failed her. These works resonate with many viewers for the way they confront universal themes of family, home, and connections with others. Thesy explore the difficulty of coming to terms with others, and their forms, at times delicate and poetic, at times bold and humorous, carve out a new communicative path for Miyamoto.

(Text by Gentaro Sasaki, curator, Contemporary Art Museum Kumamoto)

contact me

If you want to have any inquiries to us, plese feel free to send your massages to the following form